It is a cram school is in Nishi-Ku, Sapporo 8 hotels.
It is a cram school to studying how learning and would like to learn from the elementary school.
So can wearing a zest for a variety of events not only through each instructor will hard hitting instruction.

  • The dictionary

    2017年11月17日

    小学生の国語の授業で、うちの塾が大事にしている事の一つに辞書を引くと言う事があります



    このお子さんは私から見えないようにブロックするのに辞書を使っていますけどね(Laugh)

    電子辞書の時代、紙の辞書は重いし、面倒と思われていますが···
    小学生、中学生のうちは特に紙の辞書をお薦めしています

    なぜなら、調べている言葉を探せるまでにいろんな挿し絵だったり、他の言葉だったりを見ることになるからです
    時には何を調べているか忘れるほど、辞書を読むことに没頭できたらこっちのもんです

    頭が良いとされる方々の中には、辞書を読むのが好きだったと言う方が多い
    なぜなら電子辞書でピンポイントで知りたい言葉だけ調べるよりも、紙の辞書の方が格段に頭に入ってくる情報量が多いんです

    国語だけでなく英語もそう
    私は高校時代、アメリカに留学していた時に英和辞書をホストファミリーに取り上げられてしまい、広辞苑のような分厚い辞書で勉強していました

    説明文も英語だから、何かを調べても説明文の中にまた、知らない単語が出てきて、またそれを調べていたら、たった一枚の宿題のプリントを終えるのに3時間かかる事もざらでした

    でも、お陰さまでたった11カ月の留学で、英語の頭が鍛えられ30年たった今でも英語で話すのも書くのも億劫ではない状態をキープできています

    また、調べる事に慣れてくると、分からない言葉があれば、どんどん自分で調べて、教わってない知識も蓄積していく事ができるんです

    大人になってからも調べる力がある方は、なんでもネットで検索してどんどん知識を蓄えられる
    調べる事を知らない方は、知識を得るためにお金を払って教室に通ったりしなければならない

    特に思うのはパソコンなどの使い方
    習おうとするとパソコン教室などに通って費用が嵩みますが、器用な人は自分で調べて簡単に一見難しそうに見えることもこなしてしまいます

    でも、辞書で調べると言う事は小学生にとって結構難しいので大人のサポートが必要です
    最初の2年くらいは「調べたけど辞書にない!」とないない攻撃を、授業中にも良く受けます(Laugh)

    学校でも3年生くらいで辞書の使い方は習うので「自分で調べられるでしょ」と、この時期に突き放してしまうと、辞書を引くのが億劫なお子さんに育ってしまいます

    なので、宿題の漢字を教えてほしいと言われて、例え保護者の方が分かっている漢字でも
    ①辞書を引くように伝える
    ②引いたけどないと言われたら、一緒に辞書を引いてあげる
    ③それでも無かったら、教える

    このステップを踏むだけで、お子さんが将来、お金をかけずに自分を磨いていけるとしたら、辞書を活用したいと思いませんか?

    教材もデジタル化する昨今ですが、国語力をつける子供時代はぜひ、このアナログな「紙の辞書」をお薦めします