It is a cram school is in Nishi-Ku, Sapporo 8 hotels.
It is a cram school to studying how learning and would like to learn from the elementary school.
So can wearing a zest for a variety of events not only through each instructor will hard hitting instruction.

  • What to study?

    2018年3月14日

    Hello, everyone❗3月は卒業、旅立ちの時ですねこれは昨年のうちの次男の卒業式この後、彼は北海道へと旅立っていきました公立高校の入試も終わり、高校入学まで、ほっと一息の今の時期入試が終わると通塾しなくなる生徒さんもいらっしゃいますが、私に言わせると「もったいない」のです義務教育だった中学を卒業して、高校に入ると勉強も格段に難しくなりますなおかつ、この時期合格した高校から春休み中の課題が出されている事も多く、中学の勉強の総復習をしていかないと、高校での授業にもついていけなかったりします高校に入るだけが目的の勉強だったら、解放感で遊ぶのもありでしょうですが、人生で花を咲かせるには、勉強はここで終わりではないのです何のために勉強するか?いつあるか分からないオーディションのためと私はいつも思ってます例え芸能人でなくても、いきなり自分がどこかの会社の社長にヘッドハンティングされる事があるかもしれないのですよね自分が好きでコツコツと勉強してきたこと、いくつになっても花開く瞬間が来るのですだから、入試のためだけでなく、単位を取るためだけでなく、自分を磨くために一生勉強してほしいと私は思いますでも、勉強自体が好きだったら、それは辛い事でなく、楽しい事になるはずそんな思いから、勉強を好きになるための塾、麒麟館を運営しています真面目に本の虫になれと言っているのではなく、どんな事からも学んでいける、知識を得る事を楽しめるお子さんに育っていってほしいのです麒麟館の生徒だけでなく、このブログを読んだ方が、勉強に対する見方が変わり、勉強を楽しんで一生続ける事で、学力が伸びて、アフリカのキリンのように、他と争う事なく悠々と人生を楽しんでいってほしいこんな風に強く感じる今日この頃ですLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading...
  • Radio appearances

    2018年3月2日

    みなさま、こんばんは今日は夕飯のカレーを作るのが遅くなってしまい、授業が始まる時間になって半分しか食べられなかった、麒麟館の本郷です昨年、実は友人トミーがパーソナリティーを勤めるラジオ番組に出演させてもらって、私がなぜ、学習塾をしているのかなど、教育に対する思いを語らせてもらいました。その後あまり、変わらない日常だったのですが、忘れた頃にこんな嬉しいメールを番組を聞いた方が送ってくれたとトミーが転送してくれましたトミーのリスナーより↓「先日、ほんまるラジオの「幸せ拾い」聞きましたよ特に、学習塾の麒麟館の方の回の番組が、すごく自分に得るものが大きかった。です。ありがとう。です今ちょうど、子供が学校の宿題をやらない問題で、家庭が揺れていて、「先生に課題は出すべき」派の私と、そんな「日本のしなきゃいけない病なんてクソくらいだ」派の相方とで、内戦が勃発!子供は、当然「じゃ、宿題しない。先生に怒られてないもん」と(腹たつ!)「じゃ、先生を怖がらずに、しっかり目を見て、宿題やってきていません!ってはっきり言えよ!」とすごむ私。そんな中のあの本郷さんの「勉強の方法を学ぶべき」の言葉は、子供が勉強を、楽しむまではいかずとも、自分が何を勉強するのが好きか、そして自分なりに、いろんな勉強をする方法を、いろんな角度から、吸収できれば良いのかな?と思うようになりました。今の学力が低いことも気になるし、提出するべきものは出すと言う責任感も持って欲しいなど、小言を言いたい気持ちを、必死でこらえて、ただ、宿題をしなさい!ではなくって、「お菓子食べながら、宿題しよう」と餌で、釣って見たり、100円ショップでホワイトボードを用意して、この計算を、私に説明して見て。と言ってみたり、私にも創意工夫が生まれ出したきっかけが、あの番組でした。ありがとうございます。その後、本郷さんの記事を拝見して、本郷さんが入学した当時、北大に入学してきた生徒は、入学祝いに、車を買ってもらったとか、ほとんどの生徒が、塾などの高額な費用を出せるような家庭の子供ばかり。とのことも読んで、愕然としました。やはりそうか、薄々感じてはいたけど・・・・。長々とすみません。つぶやきなので、返信不要です。」↑私、本郷が実践し、また、発信している事が、お会いしたこともない誰かのお役に立てると言う事が実感できた嬉しいメールでしたこのラジオ番組、インターネットでいつでもどこでも聴けますので、お時間ある時に一度お聴きになってくださいねhttp://honmaru-radio.com/tomie0006/Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading...