It is a cram school is in Nishi-Ku, Sapporo 8 hotels.
It is a cram school to studying how learning and would like to learn from the elementary school.
So can wearing a zest for a variety of events not only through each instructor will hard hitting instruction.

  • Know radical

    201711 / 23.

    みなさま、こんにちは麒麟館の本郷です小学生の頃、漢字のテスト苦手でした漢字の小テストの前はひたすら書いて覚えるでも、終わったらすぐに忘れちゃうんですよね今でもそんなに漢字が得意な訳ではないのですが、塾の指導の一環として部首カルタをしていたら、ちょっと漢字を覚えるのが楽になりました部首の名前を知っているだけで、例えば「おのづくりにしんにょう」で「近」とか音声でも覚えられるようになるんですそれから、部首の意味も読み札で刷り込んでいきます「巾」は布切れが垂れ下がった姿らしいんですが、例えば「幌」は布切れが垂れ下がって、日の光がその間から射している状況を想像できて絵のように漢字が頭に入ってくるのです小学生のうちに、ぜひ、カルタ等で漢字の部首の名前と意味を丸暗記しちゃいましょう遊んでいるようにみえて、立派に勉強となりますLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading....
  • The dictionary

    2017年11月17日

    小学生の国語の授業で、うちの塾が大事にしている事の一つに辞書を引くと言う事がありますこのお子さんは私から見えないようにブロックするのに辞書を使っていますけどね(Lol)電子辞書の時代、紙の辞書は重いし、面倒と思われていますが···小学生、中学生のうちは特に紙の辞書をお薦めしていますなぜなら、調べている言葉を探せるまでにいろんな挿し絵だったり、他の言葉だったりを見ることになるからです時には何を調べているか忘れるほど、辞書を読むことに没頭できたらこっちのもんです頭が良いとされる方々の中には、辞書を読むのが好きだったと言う方が多いなぜなら電子辞書でピンポイントで知りたい言葉だけ調べるよりも、紙の辞書の方が格段に頭に入ってくる情報量が多いんです国語だけでなく英語もそう私は高校時代、アメリカに留学していた時に英和辞書をホストファミリーに取り上げられてしまい、広辞苑のような分厚い辞書で勉強していました説明文も英語だから、何かを調べても説明文の中にまた、知らない単語が出てきて、またそれを調べていたら、たった一枚の宿題のプリントを終えるのに3時間かかる事もざらでしたでも、お陰さまでたった11カ月の留学で、英語の頭が鍛えられ30年たった今でも英語で話すのも書くのも億劫ではない状態をキープできていますまた、調べる事に慣れてくると、分からない言葉があれば、どんどん自分で調べて、教わってない知識も蓄積していく事ができるんです大人になってからも調べる力がある方は、なんでもネットで検索してどんどん知識を蓄えられる調べる事を知らない方は、知識を得るためにお金を払って教室に通ったりしなければならない特に思うのはパソコンなどの使い方習おうとするとパソコン教室などに通って費用が嵩みますが、器用な人は自分で調べて簡単に一見難しそうに見えることもこなしてしまいますでも、辞書で調べると言う事は小学生にとって結構難しいので大人のサポートが必要です最初の2年くらいは「調べたけど辞書にない!」とないない攻撃を、授業中にも良く受けます(Lol)学校でも3年生くらいで辞書の使い方は習うので「自分で調べられるでしょ」と、この時期に突き放してしまうと、辞書を引くのが億劫なお子さんに育ってしまいますなので、宿題の漢字を教えてほしいと言われて、例え保護者の方が分かっている漢字でも①辞書を引くように伝える②引いたけどないと言われたら、一緒に辞書を引いてあげる③それでも無かったら、教えるこのステップを踏むだけで、お子さんが将来、お金をかけずに自分を磨いていけるとしたら、辞書を活用したいと思いませんか?教材もデジタル化する昨今ですが、国語力をつける子供時代はぜひ、このアナログな「紙の辞書」をお薦めしますLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading....
  • Not the money as much as possible to study

    201711-13.

    11月11日、某英語コミュニティーのパーティに参加してきましたこの日はポッキーの日と言う事で、お料理にもポッキーが多用されていて、途中まで「何故スパゲティーサラダにポッキー?」とはてなでしたが、途中で気づきました(Lol)このパーティ、乾杯から45分間英語しか話してはいけないとされていて、日本語をしゃべったら罰としてちょっと強いお酒を飲まされる(でも、誰も結局飲まされてませんでしたが)で、このコミュニティーの創設者とお話させてもらったんですが、その創設理念は麒麟館と通じるものがあると思いました某大手英会話スクールで講師をしていた彼は「このカリキュラムでは英語が話せるようにならない」とジレンマを感じていたそうですなぜならみんなが英語が話せるようになってしまうとスクールをやめてしまう事になるから、話せる一歩手前で英語力が安定するようにしてあるから···これ、塾業界にも言えるんです学校だけの授業では良い進学結果が出ないと高校に入ってからも、塾や予備校が必要かのような刷り込み···どちらかと言うと高校に入ってからは塾も予備校も不要です忙しい高校生、通う時間ももったいないですし、それぞれの進学先に必要な学力は模試などを受ければ十分分かりますし、その対策本なんかもたくさん出ています最近では有名予備校の講師の授業がアプリで見られたり、その気になればいくらでも勉強できるのですただ、高校に行ってから自力で勉強できる力は小中学生のうちにつけておかなければいけません中学までに「これを覚えれば効率よくテストで点が取れる」と言う塾の授業で点数を上げた生徒さんは高校に行ってからも「重要なところを教えてもらえないと点数が取れない」と言う事になってしまいますみんなが自力で勉強できるようになったら、塾がもうからないそのために自分の頭で考える事をさせない塾の授業が多いように感じますし、一般的にはその方が保護者さま受けも良いような気がします小学生のうちに、勉強の楽しさを、中学では勉強方法を学ぶべきだと私は考えます時間はかかっても、それが良い社会人として巣だっていける事になると思うんですマニュアルがないと、引き継ぎがないと仕事できないこんな世の中にしたのも塾業界の功罪かなと思います麒麟館はコツコツと本当の学力が付く指導をしていきたいと思いますそして、実はこれがもっともお金のかからない勉強法なのです塾を経営していると、保護者の皆様からお金を巻き上げているかのように誤解する方も多いのですが、全く逆で、ただでさえ学費で大変な高校時代、なるべくお金をかけないで希望の進学先に進むために、自力で勉強する力をつけてもらおうと日々努力しています教育になるべくお金をかけない最良の方法は、小中学生のうちにしっかり考える力を養うこと、この一言につきると思いますパーティの会場だったのは某上場企業のオフィスジャングルのように3Dマッピングで動物と触れあえる仕掛けの場所があったり、素敵なオフィスでしたどんな仕事が良いとは一概には言えませんが、こんな素敵なオフィスで働けるような素敵な社会人に育ってほしいとつくづく感じましたLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading....
  • Learning to walk

    2017年11月10日

    実は今年の6月からこんな資格を取る講座を受けていました原田あつ子先生と言うフィットネス業界の第一人者が開発したプログラムで「介護しない、介護されない」社会を目指し、誰もが簡単に自宅でできるエクササイズですライフオブライフ協会のホームページはこちらhttp://lifeoflife.com/association/教える資格とは言え、ちゃんと資格取れるまで頑張った方が身に付くかなと気軽に受け始めたのですが、とても学びの多い講座でした先生の理念は塾の授業にも通じるところが多々ありました簡単に誰でもができるからこそ、うちに帰っても実践しない人が多いとの事簡単なエクササイズを毎日やり続ける事で必ず成果があるとの言葉を信じて、毎日取り組んだ結果、最近みなさんから「やせたんじゃない?」と嬉しいお言葉をいただきます勉強も同じで目からウロコの勉強法があるわけでなく、私たちはあくまで勉強の方法を教えるだけで、勉強に取り組むのはお子さん達です漢字練習、計算問題など簡単に見えるけど大事な事にコツコツ取り組んで初めて成果が出るのです世の中、「飲むだけで痩せる」とか「この塾に入っただけで20点アップ」などと言うキャッチコピーに溢れていると思いますが、大事なのは「時間があるときにいかに簡単に見えるけど重要な事」に取り組んでいるかだと思います講座では歩き方から指導してもらいましたが、うちの塾でも例えば勉強するときの姿勢や鉛筆の持ち方など「どうでも良い」と思われがちな事も指導します簡単に見える事こそ重要だと言う事を、社会全体が忘れていて、「難しそうに見える事で儲ける」と言う傾向にあるように感じるのは私だけでしょうか?うちの塾の授業は例えばテレビに出ている有名な予備校の先生の授業とはまるで違い、特に中学生はテストで分からない所を確認し復習していくと言うスタイルをとっていますそれでも、卒業生たちは高校で塾に行くことはなく、ちゃんと成績をのばしていますコツコツと簡単に見えるけど重要な基礎学習を定着していくことに力を注ぎたいと思う今日この頃ですLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading....
  • The study of geography

    2017年11月6日

     うちの塾は小学生は教科的には国語と算数とご希望があれば英語も指導しています でも、中学になったら理科や社会もグッと覚える事が増えますよね 暗記が必要な事、特に地理なんかは覚えてさえいれば出来る教科、中学校に行ってから教科書だけで覚えられるお子さんなかなかいません 小学校のうちから何となく覚えておくことが重要ですので、うちの塾は算数国語にとらわれない教材を使っています 例えばこんな世界地図パズル 遊びながら何となくの国名と何となくの場所を覚えておくだけでかなり違います 100覚えなければならないこと、1から覚えるより30くらい覚えている状態の方がスタートが違うと思いませんか? パズルに限らず、トイレに世界地図と日本地図を貼っておく事もおすすめです ポイントはニュースなどで出てきた地名をお子さんにトイレに確認に行かせること 国際社会の中で、将来ひょんな事から国外に住むことになるかもしれません その時に知り合った外国の方の母国がどこかも知らなかったらお仕事も生活もできないでしょう あまり、重要視される事のない教科かも知れませんが一日一分もかかりません ぜひ、小学生のうちからいろんな地名を覚えておくこと、意識してもらいたいと思いますLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading....
  • Home study meeting

    201711-3 pm

    今日はホームページの勉強会に参加してきました。 ホームページを作ったは良いけど、誰も見てくれないのでは意味がない! アクセスを上げるための効果的な裏技なども教えてくれて大変有意義な時間でした。 勉強は社会人になってからも続きます。 小学生時代に培ったこの勉強する力、今も大人になってからも生きているのです。 生涯学習です。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

    Continue Reading....