它是一家補習班是總店,札幌 8 酒店。
它是一家補習班學習如何學習和想要從小學學習。
所以可以穿對各種事件不僅通過每個導師的熱情將硬打擊指令。

  • ラジオ出演

    2018年3月2日


    晚安, 親愛的

    今日は夕飯のカレーを作るのが遅くなってしまい、授業が始まる時間になって半分しか食べられなかった、麒麟館の本郷です

    昨年、実は友人トミーがパーソナリティーを勤めるラジオ番組に出演させてもらって、私がなぜ、学習塾をしているのかなど、教育に対する思いを語らせてもらいました。

    その後あまり、変わらない日常だったのですが、忘れた頃にこんな嬉しいメールを番組を聞いた方が送ってくれたとトミーが転送してくれました

    トミーのリスナーより↓
    「先日、ほんまるラジオの「幸せ拾い」聞きましたよ
    特に、学習塾の麒麟館の方の回の番組が、
    すごく自分に得るものが大きかった。です。
    ありがとう。です
    今ちょうど、子供が学校の宿題をやらない問題で、
    家庭が揺れていて、「先生に課題は出すべき」派の私と、
    そんな「日本のしなきゃいけない病なんてクソくらいだ」派の相方とで、
    内戦が勃発!
    子供は、当然「じゃ、宿題しない。先生に怒られてないもん」と(腹たつ!)
    「じゃ、先生を怖がらずに、しっかり目を見て、宿題やってきていません!ってはっきり言えよ!」とすごむ私。

    そんな中のあの本郷さんの「勉強の方法を学ぶべき」の言葉は、子供が勉強を、楽しむまではいかずとも、
    自分が何を勉強するのが好きか、

    自分なりに、いろんな勉強をする方法を、いろんな角度から、吸収できれば良いのかな?と思うようになりました。

    今の学力が低いことも気になるし、
    提出するべきものは出すと言う責任感も持って欲しいなど、
    小言を言いたい気持ちを、必死でこらえて、

    ただ、宿題をしなさい!ではなくって、
    「お菓子食べながら、宿題しよう」と餌で、釣って見たり、
    100円ショップでホワイトボードを用意して、
    この計算を、私に説明して見て。と言ってみたり、

    私にも創意工夫が生まれ出したきっかけが、
    あの番組でした。ありがとうございます。

    その後、本郷さんの記事を拝見して、
    本郷さんが入学した当時、北大に入学してきた生徒は、
    入学祝いに、車を買ってもらったとか、
    ほとんどの生徒が、塾などの高額な費用を出せるような家庭の子供ばかり。とのことも読んで、
    愕然としました。
    やはりそうか、薄々感じてはいたけど・・・・。

    長々とすみません。つぶやきなので、返信不要です。」

    ↑私、本郷が実践し、また、発信している事が、お会いしたこともない誰かのお役に立てると言う事が実感できた嬉しいメールでした

    このラジオ番組、インターネットでいつでもどこでも聴けますので、お時間ある時に一度お聴きになってくださいね

    http://honmaru-radio.com/tomie0006/