札幌市西区八軒にある学習塾です。
勉強が好きになる、楽しんでできる勉強方法を小学生のうちから学んでいく学習塾です。
勉強だけでない様々なイベントを通して、生きる力を身に着けていけるよう、各講師が熱心に指導に当たっています。

  • 指導力

    2018年5月24日

    みなさま、こんにちは
    麒麟館の本郷です

    見えそうで見えない指導力
    お子さんの学力はテストである程度分かりますが、指導力って端から見ても分かりにくいのではないかと思っています

    特にうちのような高校生になってから花開く事を目標としている指導では、手っ取り早く成績アップする事を目指していないので、指導力に疑問をもたれる事もあります

    でも、うちに中3までいた生徒さん達確実に高校で塾や予備校に行くこともなく、伸びています

    誰もが、高校時代その気になって勉強すれば、国立大くらいいける力がある
    それを可能にするのは小学校時代からの「考える力」「知ることを楽しめる力」を養う指導だと思っています

    「これを覚えたらテストで20点アップ」をねらうのではなく、テストの結果を受けて「どうしたら次に同じ問題が出た時にちゃんと解けるのか?」と考えさせる指導です

    私は一回も塾や予備校に行ったこと無いですが、模試の復習をしているだけで、受験した大学すべて合格しました
    なので、高校時代に高いお金をかけなくても、自ら大学入試の勉強ができるようなお子さんを育てたくて、学習の指導をしています



    写真は札幌教室の永井先生がトランプの数を全部足したら?そして、その足し算をこう考えるとただやみくもに足していくよりも早く計算できるよねとトランプで遊ぶついでに教えてくれたホワイトボードです

    考える力を育てる事、本当に長い年月かかります

    同じ時間、授業を受けたにしても、こんな工夫ができる先生と、ただ単にテキストをこなしていくだけの先生とでは学力に雲泥の差が出てきます

    例えばピアノを習うのにピアノが弾けない先生には習わないでしょう
    ダイエット方法は太っている人には聞かないでしょう
    サッカーを習うのにサッカーが下手なコーチには習わないでしょう

    勉強を習うのも同じだと思います
    きちんと一般入試を受けてある程度の大学に合格した先生でないと、勉強を「このくらい分かっていれば良い」と自分のレベルで適当に教えてしまう事があるのです

    もし、みなさんがお子さんの塾を選ぶとしたら、しっかりと指導者を見てくださいね
    できれば、学歴も確認してください

    同じ英語を習うのでも、うちの塾にはネイティブ並みのポーランド人の先生、また、通訳レベルで英語ができる日本人の先生が複数います
    テストで点が取れるその先を、教えてくれる先生達です

    では、塾に行かずにお母様が教える時にはどうするか?
    本だったりインターネットだったり、お知り合いの方から勉強方法を聞いて実践してください
    その際、勉強ができるだけでなくコミュニケーション能力も高いような方の意見を参考にすると良いと思います
    勉強だけできても将来仕事につけなかったら困りますから???