札幌市西区八軒にある学習塾です。
勉強が好きになる、楽しんでできる勉強方法を小学生のうちから学んでいく学習塾です。
勉強だけでない様々なイベントを通して、生きる力を身に着けていけるよう、各講師が熱心に指導に当たっています。

  • 小学生時代の成績

    2018年8月17日

    小学生の学習塾をしていると、塾に通っていれば、小学生時代から成績が良くて当たり前と言うように思われる方も多いようです
    もちろん、すぐに成績が上がるお子さんもいらっしゃいますが???
    これはうちの三男の小学6年生の時の通知表


    良くできる方に○があるのは指折り数えるほど?
    幼稚園時代から教えていても、こんな感じなのです

    でも、小学生の時の成績が大人になって履歴書に必要と言う事はまずないですよね?
    小学生の時の成績は、何ができていないか知るための物で、そこから修正していくために何をすればよいか探るためにあると思っています

    なので、テストで点数が取れるようにと学校の教科書と同じ事はまずやらない
    塾に来ているから、学校の授業を聞かないと言う事になったら困るからです

    その代わり辞書を引いて自分で調べる事や、部首やことわざ、元素記号、百人一首の暗記など小学生にはちょっと高度な事にも取り組みます

    そうすると、中学、高校で丸暗記しないといけなくなった時に「なぜか覚えやすい」と言う事になって勉強が楽しくなるのです

    目標もなく勉強している小学生時代に、いかにその場しのぎの学力でなく勉強の本質に触れたか、勉強のやり方を覚えたかで、高校進学と言う最初の目標ができたときに、どう勉強するか分かって来るのです

    小学生時代から良い成績をとると、「こんなものか」と思ってしまうので、それ以上に「自分でがんばる」と言う事をしなくなります

    今では中学三年生になったうちの三男、現在県内有数の進学校目指して頑張っています
    目標ができて、頑張ろうと思ったときに、どう頑張れば良いか分かっている、勉強の素地ができているお子さんは強いです

    反対に塾でてっとり早く点数を上げる事だけ教わったお子さんは、高校に入ってから苦労します



    一見遊んでいるようにも見える、うちの授業、実は、予備校も行かず現役で国立大に入った私が、「大学受験で通用する勉強にはこれが大事」と感じてきた事を実践しています

    小学生時代から塾代にお金をかけるなんてと思われる方も多いかも知れませんが、実はこれが一番教育費をかけない方法なのです
    特に教育費は頭が良いほど奨学金などお得な事がいっぱい

    ぜひ、小学生時代、成績は気にせずに本当の学力を身につけてもらいたいですね